2012年12月28日金曜日

BABY RECORDS' 2012 FAVES TOP 30 - Part 2

 2012年のお気に入り盤トップ30 、パート2(後編)だよ。
 パート1はこちら→ BABY RECORDS' 2012 FAVES TOP 30 - Part 1


THE INTERNET / Purple Naked Ladies (CD)

 OFWGKTAに夢中になるにはあきらかに年をとりすぎているのは承知の上で、去年のトップ30にもミックステープを選んだザ・ジェット・エイジ・トゥモロウの夢宇宙な音づくりは大好きでさ。だからその片われマットが、軍団の紅一点シドねえちゃんと組んだジ・インターネットも直球どストライクなわけさ。そろそろ出そうなジェット・エイジの新作"JellyFish Mentality"も、題名の感じからして期待せずにはいられないさ。




KINDNESS / World, You Need A Change Of Mind (LP)

 デビュー7インチから注目していたとはいえ、ここまで洒落たアルバムを作っちゃうとは驚いたもんなあ。瀧見さんがインターネット記事で"Café Bleu"を引き合いに出していて、「なるほどうまいこというなあ」と思ったっけ。あとなんたってトラブル・ファンクでしょ! 後追いでフィラデルフィアの高等研究所のサイトにある2007年作のMP3アルバム "Live In Philly" を聴いたら、これまたカッコよくってさ。次はどんな手でくるのか楽しみでしかたがない、若きセンスの塊だね。




PARDON KIMURA & DRUMMERS / G.E.P. Good Enough Pocket (CD)

  1999年の"Locals"以来ひそかに動向を追っている葉山の電子音楽粋人が、4名の凄腕ドラマーが叩いたビートに音を重ね、またまたスリリングかつ摩訶不思議な音遊戯をくり広げてくれた。リズミックでユーモラス。大胆なのに品がある。適所に挿まれるのどかなフィールド録音がまた快し。毎度のことながら、他ではちょっと味わえない開放感なのだ。



LILAC & CHAMPAGNE / Lilac & Champagne (LP)

 オレゴン州ポートランド産のいかにもジャケどおりなサイケ&エキゾ皿。グレイルズのメンバーふたりによる別プロジェクトだ。昨今のインディものらしいあいまいな快音質感と、ハーパース・ビザールなんかもひょっこり顔を出すサンプリング・コラージュの妙とで、ポップな軽みがゆらりと漂う濃密なサイケデリック/ガレージ宇宙が展開される。ちょっとした小旅行だね。




NAUTIC / Fresh Eyes (7 inch)

 これぞ年末の大ヒットでしょ。ジェイ・ディラと"Pet Sounds"を合体させたミックステープで世に出たブリオンが、女性SSWブルー・ローズィズとヤング・タークス一派のティックと組んだ、ロンドン拠点3人組のデビュー・シングル。カーズの 'Drive' が低く流れる深夜のホテルのプールで、ケニーGとファイストがのびのびと泳いでいる感じっていうかさ。そっけないジェネリック・スリーヴの7インチがお似合いだし、自分にとっては2012年最高の3分間ポップ・ソングでもあるよ。




NRBQ / We Travel The Spaceways (CD)

  NRBQのむかしのLPはわりとよく聴くのに、2000年代以降の新しい動きは追っていなかったんだよね。夜のクラビング活動が忙しかったりして。でも、初夏に新宿のタワーレコードの試聴機にこのライヴ盤を見つけて、なにげなく聴いてみたら、予想外に新鮮でさ。テリー・アダムズのすばらしさはいうまでもないが、新メンバーたちのすっきり軽めのプレイが現在進行形なバランスをバンドにもたらして、こちらの気分まで入れ替わる思いがするね。




OAK / Firebird (12 inch)

 ヘタうま画のジャケが目をひくロンドンのレーベル、スペイス・カデッツ。今年はいきなりASCの12インチ収録曲 'Aqualoop' がよかったし、レーベル代表選手でもあるロシア人プロデューサーのオークのB面曲にはさらにはっとさせられた。まるで頭の奥にあるつぼみが、ぱーっと花びらを開いていくみたいに、なんとも心地よい感触を覚えるんだな。




ペトロールズ / Problems (CD)

 カラオケで歌っちゃうぐらいだから、東京事変はけっこう好きなんだ(レパートリーは「群青日和」「透明人間」「キラーチューン」……大笑)。それなのに、長岡亮介  a.k.a. 浮雲氏が率いるイカしたトリオをつい2週間前まで見逃していたんだから、オレの目はとんだ節穴さ。押しつけがましさのないソウル感、いやみのない日本語詞、それでいて心にひっかかってくる微妙な表現の着地点がいい。実況録音盤 "Capture 419" もごきげんだったし、来年こそはライヴに足を運ぼうと思う。




SADE / When Am I Going To Make A Living - POOLSIDE's Tons of Drums Edit (12 inch)

 ビューティフル・スウィマーズ 'Swimmer's Groove' 、シャザームのEP "Pool Party" のB面曲 'Luckier' で、爽快なプールサイド感を満喫したのはもう3年前の夏。去年はプールズなるデュオが洒落たレコードを出したと思ったら、こんどはずばりプールサイドを名乗るサンフランシスコのふたり組。2枚組LP "Pacific Standard Time" も快かったが、サウンドクラウドでもダウンロード可のシャーデーの1984年曲リエディットは、みごとに原曲から新たな魅力をひき出した。シャーデーといえば、『ワックス・ポエティックス・ジャパン』誌の記事で、ネルスン・ジョージが「彼女と会ってハグされることは、そう簡単に忘れられる体験ではない」と書いていた。そりゃそうだろう。想像しただけで悩ましい気持ちになっちゃうもんな。




SWINDLE / If I Was A Super Hero (12 inch)

  去年にひきつづき、ソウル心にファンク心、あるいはブラコン心やAOR心を感じるオレ好みダブステップも探し求めているわけで、先に挙げたジミー・エドガー同様、シングルB面にひょっこりまぎれ込んでいたスウィンドルの怪しげファンクな快演、みっけたぜ。ディープ・メディ・ミュージックからのもう1枚に収録、'Mischief' もオモシロかった。




ULVER / Childhood's End (CD)

  小林(弘幸)くんに教えてもらったウルヴェルの新作は、おっとびっくり! もろにアーサー・C・クラークな題名を冠した、かの編集盤"Nuggets"に代表されるサイケデリック/ガレージ・ロックの名曲カヴァー集なんだもの。ブラックメタルの枠を超越しているどころか、もはやデュークス・オヴ・ストラトスフィアの2枚やダムドの変名ナズ・ノマド&ザ・ナイトメアズ "Give Daddy The Knife Cindy" と肩を並べる。わが偏愛の名盤群に仲間いりだ。




JESSIE WARE / Devotion (CD)

 女性シンガーのアルバムではクーリー・Gの "Playin Me" もカッコよかったけれど、今年の自分のふさぎ込みぶりからすると、そっと背中を押してくれるジェシ・ウェアの爽快感こそが求めるものだった。'Sweet Talk'の曲調は、神田くんのティアーズ・フォー・フィアーズ曲カヴァーとも通じ合う。'110%' の片面7インチはゲットしたが、'Running' の12インチを入手しそこねたのは不覚。




★おまけ!

 惜しくも30枚からハズれた次点扱いの作品も3点ほど挙げちゃおう。

JINTANA & EMERALDS / Honey (7 inch)

  一十三嬢のアルバムがトップ30に入ってダブっちゃうこともあり選外に。おいちゃんがあと20歳ほど若く、80年代テイストのかっこをしたちょっと年下の彼女とのひと夏の想ひ出サウンドトラックにできたなら、さぞよかっただろうなぁ……なんて年甲斐もなく甘ずっぱい空想までしてしまう1枚だねえ、うん。うんうん。初期ジーザス&メリー・チェイン~その元メンバー、ジム・ビーティが一員だったアドヴェンチャーズ・イン・ステレオの流れなんかも連想しちゃった。




SKIBEATZ / 24 Hours Karate School Presents Twilight (CD)

 まあそんな孤独な人生の黄昏どきに、大好きなスキービーツがトワイライトと銘打って24時間空手道場の新作を出したもんで、こりゃまたよく聴いたもんだ。どこで耳にしたのか「ルパン三世 愛のテーマ」をそのままつかっちゃった曲もあって、いい塩梅のソウル心が漂うメロウ好みラップ盤だ。率いるバンド、ザ・センセイズ(←空手道場だけに。)も、あいかわらずいい味をだしているぞ。




CHROMATICS / Drumless (free download MP3)

 旧譜からの曲が劇中で流れた『ドライヴ』(2012年お気に入り映画チャート第3位確定)効果は大きく、裏ジャケのクレジットを映画サントラふうにデザインしたクローマティクスの新作"Kill For Love"もCDで即入手。でも「ちょっとばかし重ったるいかなあ」と愛聴盤にまでは至らず。ところがドラムを抜いた別ヴァージョンの無料ダウンロード版にはなかなか浸れちゃって、夏場によく聴いたのだから不思議なものだよ。




 そうそう、衆議院総選挙前に発表されたダウンロード音源2曲、

作者不明 / B.K.D. (Baikokudo)

https://soundcloud.com/gwigs/b-k-d-baikokudo


田我流 / 選挙に行こう

https://soundcloud.com/dengaryu/senkyo-ni-ikou


も、ぐっとくるリアルタイム体験だった。


 また、ふらりと出かけたMOT『アートと音楽』展のセレスト・ブルシエ=ムジュノ作『クリナメン』も、心安らぐ音体験だった(展覧会ぜんたいはまずまず)。↓のYouTube映像の『ヴァリエイション』とほぼ同じ作りながら、もっと狭い空間にプールがひとつだけなので、さらに音がまばらでそこがまたよい。日がないち日、あのプールサイドでのんびり過ごしたいとか思ったり。




※じつは再発盤映画の年間トップ10のリストアップもほぼ終えているんだけど、ドイツから未着の再発盤1枚と未見の新作映画1本(どちらも有力候補)があるので、それを体験したうえで年明けに発表する予定だよ。


 ……とまあ今年はこんなぐあいに締めくくったよ。ではよいお年を!


BABY RECORDS' 2012 FAVES TOP 30 - Part 1

 さてと、昨年にひきつづき、2012年のお気に入り盤トップ30新譜編を発表するよ(2011年版はこちら)。
  例によってトップ3だけを決め、あとは順位に関係なくアルファベット順。タイトルのうしろのカッコ内は、自分が持っているフォーマット。それぞれに感想コメント、ジャケット(もしくはレーベル部分)写真をつけて、YouTubeやSoundCloudで聴けるやつは貼っといたよ。
 ページが重くなっちゃうので、まずは記事をふたつに分けたパート1(前編)。おひまなときにでも読んでみて頂戴。


☆第1位
GREAT3 / Great3 (CD)


  待ちくたびれそうだったところでついに出ちゃったもんなあ、9年ぶりの復活盤がさ! ずいぶんと神妙さがうかがえる歌詞から、活動休止期間の経験が滲むと同時に、もやもやを突きぬけた清々しさもひしひし。随所にちりばめられたデイヴィッド・ボウイ要素が興味ぶかく、またアクセントとして効果的。とうぜん注目しちゃうのが、若き新ベーシストのヤンくん。長身モンキーパンチなイカす容姿に、青春の渦中らしいビタースウィートな表現。その才能をお披露目する『ナイアガラ・トライアングル』感が漂うところも、これまでにない特色だね。




☆第2位
TOMOKI KANDA / Intersteller Interlude (CD)


 これまたずいぶん待ったよ、神田くんの13年弱ぶりセカンド・ソロ。まだまだ脳内再生できるほど聴き込むまでに至っていないけれど、とにかく馴染む。壮大なスケールと日常のなにげなさが、同時に存在しているバランスの妙! 巧みに構築された音の工芸品でありながらも、どこか飄々とさりげなくて親しみやすい。ほっとできるね。やわらかく軽やかなギター・プレイもたっぷりと味わえるし(フェイヴァリット・マリン・ブルー時代からのファンだもの)。すばらしい音楽の便りが届いて、最高にうれしいよ。


☆第3位
DEXYS / One Day I'm Going To Soar (CD)


 これまたひさびさすぎる、ミッドナイト・ランナーズをとって、名前もすっきりデキシーズとしての再出発盤。27年(ってあなた……)ぶりのアルバムが、やっと吹き込まれたわけですよ。2002年に前作 "Don't Stand Me Down" のディレクターズ・カット再発版が出て、自分のなかでケヴィン・ローランドの再評価がぐんぐん高まってからもすでに10年。そりゃ、全盛期の勢いは期待すべくもないさ。でもでも唯一無二のガッツなケヴィン流ソウル・スタイル、語りや会話を巧みに盛り込むデキシーズ節は不変。老境にさしかかった天才チンピラ・センスのもの凄さをたっぷり味わわせてくれる。旧友ミック・タルボットのサポートも鮮やかにきまって文句なしだ。




 ここからはアルファベット順だよ。

AIRHEAD / Wait (10 inch)

 ジェイムズ・ブレイクで新しい色を明確に打ち出せたR&S印の新たなる名曲。田原のトシちゃんじゃないけれど、ハッとする音じかけとぐっとくる歌心がたまらないね。




ASC / Out Of Sync (2LP)

 今年も多作だったASC。ちょうど『プロメテウス』の封切り前に、ずばり'Prometheus'と題する曲を収録なんてニクいじゃないかい。初夏に引っ越したばかりの部屋でくり返していたっけ。ウルリッヒ・シュナウスやサム・KDCとの共演作も美しかった。




JAMES BLAKE / Love What Happened Here (12 inch)

 配信データでは去年のリリースだけれど、昔かたぎのお皿野郎にとっては今年の曲さ。初期のダブステップな作風のくせが、歌もの進出以降のゆったり路線とみごとに響きあって、聴くたびにうるっとくる。泣き笑いの感動だね。




DEAN BLUNT & INGA COPELAND / Black Is Beautiful (LP)

  a.k.a. ハイプ・ウィリアムズの別名義ハイパーダブ盤。横目で動向を追いつつ、ちょっと聴いてよかったらレコードを買う程度のファンではあるけれど、このLPはパッケージも好みだし聴きやすいし、しょっちゅう針を落とした。部屋のなかでみょうに存在感を放っている1枚なんだな。




BOY FRIEND / Egyptian Wrinkle (LP)
  去年はスリープ∞オーヴァーのアルバムがランクインして、今年は離脱したふたりの初アルバムにやられた。本家よりも曲の輪郭がくっきり(それでもぼんやり)していて、これまたいとおかし。まだ寒い春に引っ越し前の世田谷の部屋で漂っていた、ヘヴィ・ローテイション盤。




PAUL BUCHANAN / Mid Air - Deluxe CD Box Set (2CD box)

 限定2000ということで、速攻でオフィシャル・サイトに注文した初ソロ・アルバムの箱仕様。この声とこのムード。お約束とわかっていながら、じーんとくるもんな。ブルー・ナイルのリマスターCD2種も出て、ちょっとお布施感のある今年のブキャナン氏だった。



CANYONS / When I See You Again - DUKE DUMONT Remix (WAV)

 震災を境に祝祭的な場に身を置く気持ちがすっかり失せたまま、9月のあたまには酒を断ったものだから、夜遊びからますます遠ざかる今日このごろ。めずらしく夜の散歩がしたくなり、気まぐれで終電に乗り、代官山の蔦屋書店を閉店時刻までひやかしてから、恵比寿での石黒くん a.k.a. 1drink主催のパーティで始発まで過ごした11月の晩があった。2階のダンスフロアのすみっこに腰かけて、ロジャー(ヤマハくん)のDJを聴いていたら、なんだこのいい曲! 試聴して見送った12インチには入っていない、デューク・デュモンによるキャニオンズのリミックスだった。たっぷりとフランジャーをかけたロジャーのプレイにぐっときたので、これまためずらしくビートポートでWAVのファイルを手に入れ、すっかり愛聴というわけさ。




CEMETERIES / The Wilderness (LP)

 ゴス心(名前が墓地だもん)漂うアコースティック・スタイル、基本が男ひとりユニット、拠点がニューヨーク州と……去年アルバムを選んだミンクスとの共通項も多いセメタリーズ。枯れと瑞々しさのミックスぐあいが晩秋の夕暮れどきにばっちりハマった、密やかな愉しみ的インディ隠れ名盤だろう。




CRAZY KEN BAND / Italian Garden (CD+DVD)

  前作『ミント・コンディション』がむちゃくちゃ大好きだし、自分内ランクではちょっと落ちちゃうアルバムではあるものの、それはCKBへの期待がつねに過大であるがゆえ。すばらしかった12月2日の神奈川県民ホール公演で、"BIBIMBOP"を始めとする収録曲の魅力をあらためて確認できたし、とうぜん30位以内には余裕のゴールイン。


JIMMY EDGAR / Switch Switch (12 inch)

  ブギーファンク流行り以前から、黒光りな電子ファンク道をマイペースで歩む色男。ハー・バッド・ハビット名義の2008年12インチは忘れられないし、毎度イカした曲がひょっこり出てくるから聴き逃せないのさ。今年もエンチャントメントの1983年名盤 "Utopia" をもろに流用しちゃったジャケの12インチB面で、ソウル心満載のオレ好みダブステップの傑作を届けてくれたぞ。




FABULOUS/ARABIA / Unlimited Buffet (LP)

 まんまシュギー・オーティス様式なれど、このNZ産コンビによる名演'Up To My Neck In Shit'には、心をつかまれたね。ちょうど部屋探しの時期にLP(300枚限定は少なくない?)を手に入れ、ちゃかぽこリズムに乗りながら引っ越しの準備にいそしんだものさ。ヴォーカルの線は細いが、60~70年代ソウル&ポップスの魔法をちりばめたアレンジ力で、アルバムぜんたいをしっかりとひっぱる。ごぞんじザ・ブラック・シーズ、シスター・スレッヂ 'Thinking Of You' のカヴァーでおなじみロード・エコーのメンバー別プロジェクトとあって、終始リラックスしたフィーリングにも納得だ。

https://soundcloud.com/jakarta-records/fabulous-arabia-up-to-my-neck


DONALD FAGEN / Sunken Condos  (CD/2LP)

 フェイゲン氏の新作だもの。自動的にランクインしちゃうわけだ。'Maxine''Snowbound''The Great Pagoda Of Funn' 級の必殺安堵系の不在はちょっとさみしい。そんなないものねだりも、いつになくファンキーなアイザック・ヘイズのカヴァー曲で帳消しだ。




GACHA / Remember (12 inch)

 R&S傘下のアンビエント部門アポロがふいに復活し、高品質なお皿をたたみかけたのも今年のニュース。初夏に入手したまま引っ越しのどさくさでちゃんと聴いていなかったことに気づき、晩秋のある夕方にかけてみたら、ギターの調べにじゅわーんと内側からたまんない気持ちが押し寄せてきたんだわさ。来夏こそはけだるい夕暮れどきに試してみたい、カスピ海沿岸グルジア出身新鋭クリエイターのデビュー・シングル。




PHIL GERUS / Based On Misunderstandings 05 (12 inch)

 そしてこちらは、グルジアと仲がよろしくない国ロシア出身。戦争反対。日本の憲法もいじっちゃダメよ。と話はそれたが、このソナー・コレクティヴ発6曲入り12インチが、アーバン&リゾート仕立てのラップトップ製ブラコンずらりの2012年製イージーリスニング盤で、うっとり浸れちゃう。横浜のはずれでひきこもりつつも、気分だけはきらびやかな楽園にいられるのさ。




一十三十一 / City Dive (CD/12 inch)

 YouTubeで予告ダイジェスト版を聴いてぐっときて、指折り数えてCD発売日に買いにいった、和製シティ・ポップの新定番。6月半ばに横浜に越して初めて買った音盤なんだな。音色、アレンジの時代設定がまさにオレ好み。デュエット曲「サマーブリーズ '86」でのカシーフ a.k.a. ストリングズバーン氏の朴訥とした歌声のよさにも驚いたね。コンセプト負けせず、リヴァイヴァルの枠を軽々と超越したクラシック化必至の高完成度盤だよ。





☆パート2(後編)→ BABY RECORDS' 2012 FAVES TOP 30 - Part 2 につづく。

2012年12月23日日曜日

Chartbusters 1979

 デスクトップを整理していたら、3年前の10月にターンテーブル・ラブ東京での展覧会"1979"(このとき→ http://www.cbc-net.com/topics/2009/10/1979.php )用に作ったミックステープ"Chartbusters 1979"の曲目が出てきた。自分なりに1979年をイメージしてこさえたやつ。なんとなく、YouTubeのプレイリストにしてみた。

 こっちがA面。

☞  Chartbusters 1979 - Side A




 こっちがB面。ほんとは4曲めにアヴェレイジ・ワイト・バンドの'Please Don't Fall In Love'があったんだけど、YouTube内に見つからなかったので、1曲たりない不完全版。

☞   Chartbusters 1979 - Side B