2013年10月23日水曜日

ドアをノックするときのフレイズ

 プリンスのごきげんな 'Play In The Sunshine'(1987年盤 "Sign '' The Times" 収録)の後半、ドラム〜木琴〜ギターの長いソロ/ブレイクの終わりにとびだすおなじみのフレイズ。

  このライヴ映像だと、8:43のところ。

 そう、ドアをノックするときの“あの”パターン。英語で 'Shave and a Haircut (, two bits)' というそうだ。いつもレコードに合わせて「♪ちんちろりんの、かっくん」なぞと口ずさむはいいが、ついさっきウィキペディアを見るまで呼び名や由来を知らなかったのさ。 'Popularity'の項にいろんな例が挙がっているけれど、なるほどボー・ディドリーのビートなんてそのまんまだし。

  きっぷを予約してある11月3日の爆音収穫祭プリンス/サイン・オブ・ザ・タイムズ』上映、楽しみだ。